Top > Bungie Weekly Update - 05_14_2015

Bungie Weekly Update - 05_14_2015
HTML ConvertTime 1.959 sec.

Bungie Weekly Update - 2015年5月14日 作成: DeeJ Edit

※この記事では、「Bungie.net」のNEWSページに公開されている記事を、ソニー・コンピュータエンタテインメントのコミュニティチームが翻訳したものを掲載しています。ご了承ください。また、この記事は、DESTINY プレイヤーズインフォメーションからの情報を元にしています。情報元も併せてご覧下さい。
ーレリアナ7


header_blog.jpg


今週のBungieニュース。私達はオオカミの一家をまるごと野に放つ準備を進めているところだ。『Destiny』で狩りをするなら、新しいアイテムが必要だ。敵は苦戦を仕掛けてくることだろう。諸君が期待していることはわかるし、私達もこのゲームの開始が待ちきれないが、これは危険な作業だ。


拡張コンテンツⅡへの準備として、2回アップデートが行われる予定だ。パッチをリリースするのに最適なタイミングは、パッチそのものの用意ができるだけではなく、安全に行える人的リソースがそろうことも必要だという話を聞いたことがある。現在、最初のアップデートの最終的なテストと承認の段階だ。信頼性は高い。準備が整い次第、諸君にお知らせしよう。


現在のところ、Bungie時間で明日の朝(訳注: 日本時間だと5月16日土曜日の夜)に行われる見込みが有力だ。時間は前後することがあるので、続報をチェックしてくれたまえ。
間もなく更新情報が発表され、ワールドの変化に対する諸君の疑問にも答えることができるだろう。私達は、フォーラムでこれらの状況をチェックし、Twitterでも新しい情報を伝えている。


ガーディアン諸君、待機せよ。



チームワーク


諸君がアップデートを待っている一方で、現実の世界は宇宙を通じてその優雅な空間を突進し続けている。私達は宇宙の中では小さな存在だが、力を合わせれば世の中を変えることもできる。Bungie財団法人担当のクリスティーン・エドワーズによると、Guardians to the Aid of Nepaliに集まった額は、大きく予想を上回ったそうだ。

クリスティーン・エドワーズ: ネパールで起きた悲劇的な大震災の後、私達は、支援を必要とする人々のために皆さんに呼びかけ、皆さんは見事にその声に応えてくれました。私達が集めることができたのは総額75万ドルで、不足している医療やその他地震による被害の救済に充てられます。この驚くべき数字は、全て皆さんの寛大な心によるものです。

今回の募金によって生まれた収益は、ネパールのDirect Reliefに100%送られます。先週、アクティビジョン社も同様の告示を行い、Bungieの寄付金に5万ドルの追加を行うことを宣言しました。

まだ限定版のネパールエイドTシャツを購入していない諸君にも、行動を起こすチャンスはまだある!

締め切り: 5月24日(日) 午後11時59分(太平洋時間)
(訳注: 日本標準時だと5月25日(月) 午後3時59分です)
どこで買うの?: www.bungiestore.com
疑問がある? こちらのNepal FAQをご覧ください。


(訳注: こちらのチャリティについてはBungieが主催で、米国内にて行われています。日本からの参加も可能ですが、ソニー・コンピュータエンタテインメントは関与しておりません。Bungie.netのヘルプにて、チャリティのFAQが日本語訳されておりますので、興味のある方は、参加前に一度ご覧ください)

nepal_promo2.jpg


Bungieでプレイヤーのチャリティに対する力が発揮されたのはこれが初めてではないが、今回は急速な勢いで、私達の中でももっとも効果的な募金活動となった。ガーディアン諸君、コミュニティと同様、世の中をより良いものにしていくのは君達だ。私達は諸君に感謝する。そして、諸君が手を差し伸べる人々の再生と再建に役立つことを願っている。



地面にちゃんと足をつけて......


「......そして、星に手を差し伸べて待っていてください」というのは、昔活躍した、ラジオ番組のあるディスクジョッキーの決まり文句だった。なんと的確な言葉だ。「ハウス・オブ・ウルブズ」は、殺戮対象の悪役を増やさなければ『Destiny』の世界でも市民権を得ることは難しい。その解決策を私達は"Connection Recovery"と呼んでいる。マッチメイキングエンジニアのダミアン・フランクから、敵との戦いを心待ちにしている諸君に説明をしてもらおう。


根本的な問題は何?

ダミアン・フランク: 長時間プレイしていると、時々オービットに戻されてしまうことがあります。これはインターネット上で初歩的なネットワークの問題が起こったことによる障害です。インターネット上のどこかにあるルーターがビジーな状態になると、通信ができなくなってしまい、オービットに戻されてしまうのです。この問題に対して、私達は懸命に取り組んでいるところです。


そのような場合の"Connection Recovery"についてもっと詳しく教えてほしいな。

ダミアン・フランク: 一般的なネットワークの問題に遭遇して、ゲームへの接続が途絶えた場合、"Connection Recovery"が作動して再接続を試みます。原因となる問題が複雑な可能性もあるので、この方法がいつも効果を発揮するとは限りませんが、プレイしていたサーバーに再接続できるチャンスもあります。これがうまくいくと、プレイ途中だったゲームとファイアチームへの復帰が果たされます。


多くのガーディアンが助かることだろうね。"Connection Recovery"が作動すると、どんな反応が起こるのかな?

ダミアン・フランク: 復旧できないエラーに遭遇した場合、いつものように画面が真っ暗になります。そして、接続の復旧を試みているというメッセージと、遭遇したエラーコードが表示されます。その後、ゲーム内にリスポーンするか、オービットに戻されます。


reconnect.jpg


これは全てのアクティビティで行われるの?

ダミアン・フランク: 今のところ、"Connection Recovery"の適用は新規に導入されるオシリスの試練のイベントに限られています。導入後に良い感触が得られて、全ての面で納得が行ったら、ほとんど全てのアクティビティに追加しようと考えています。


あるいは、現在のテーマに適用する「準備が整ったら」ということだね。この問題が、諸君が「ハウス・オブ・ウルブズ」で迷っている理由の一つかも知れない。


ガーディアン諸君、私達も諸君をじらすことなく情報を伝えていくようにする。もうしばらくの辛抱だ。



盾を持ったエージェント達

whats_up_doc.png


恐れを知らない『Destiny』プレイヤーサポートのチームメイトは、現実のソーシャルワールドの知られざるヒーロー達だ。#Helpでは、彼等は黄色い盾のアイコンを使い、ガーディアンをゲームから切断してしまう問題について、彼等の対応の開始や終了を教えてくれている。毎週、彼等は週刊ニュースに登場して作業状況をレポートしてくれている。

『Destiny』プレイヤーサポート: Bungie.net Helpのページで、項目を探しやすいようにするため、ウェブチームが頑張っています。近々公開されますのでチェックしてみてくだい。

これらの改良にともなって、Digital Upgrade Programの記事に、次世代ゲーム機へのアップグレードプログラムを含む拡張コンテンツⅡの情報を更新しました。
詳しくは、上記のリンクのFAQか、Destiny the Gameをご覧ください。


彼等からの便りはこれが最後ではない。彼等は来週もやってくる。待ちきれないという諸君は、base of operationsをチェックしてみてくれたまえ。



情報元:
Bungie.net:Bungie Weekly Update – 05/14/2015
DESTINY プレイヤーズインフォメーション:【翻訳版】Bungie Weekly Update - 05/14/2015