Top > Bungie Weekly Update - 2015年7月23日

Bungie Weekly Update - 2015年7月23日
HTML ConvertTime 9.777 sec.

Bungie Weekly Update - 2015年7月23日 Edit

※この記事は、「Bungie.net」のNEWSページに公開されている記事を、ソニー・コンピュータエンタテインメントのコミュニティチームが翻訳したものです。今後Bungie.netにて公式に日本語版が公開される事も考えられ、その際一部の翻訳が異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。
ー レリアナ7


アートギャラリーとシューティングギャラリー

header_blog0723-thumb-570x286-2621.jpg


今週のBungieニュース。今回は「降り立ちし邪神」で諸君を待っている武器庫の中を、ほんの少し紹介しよう。


『Destiny』の基本はシューティング。宇宙を旅して敵に奪われた世界を取り戻したい? でも、ガーディアン一人がスペースマジックを使って全ての問題を解決できるわけではない。銃が必要だ。
「降り立ちし邪神」が誇るのは、このゲームが始まって以来、ガーディアンが今まで見たこともない豊富な種類の武器だ。これは単に武器の売買の話にとどまらない。


Bungieのデザイナー達は、タワーの銃架に、私達の財産とも言える豊富な種類の武器を追加するべく心血を注いできたのだ。


歴史的考察: 協力 ザヴァラ司令官

ガーディアン達に使われてきた武器には、黄金時代の回収物と先進技術の新たな発見によって作られた物があります。
大崩壊以降、工芸品の再利用と修復の腕を持った銃器技師は、どのグループでも引っ張りだこになりました。
しかし、大規模な武器庫が勢力を持つようになり、それを恐れたシティは武器の鋳造を監視せざるを得なくなりました。
現在残っている鋳造所は精鋭中の精鋭です。何百年もの歴史と部族の知識を誇る者達もありますが、新しい発見や再発見とともに発展してきた勢力もあり、それぞれが私達の生存に寄与してきたのです。


こうして守られてきた武器は、生まれながらにして伝説級の破壊力を秘めている。
シティを警護し、また、この上なく危険な存在にさせている3つの鋳造所からサンプルを取り寄せてみてはどうだろう。



機能的、確実、威風堂々

hakke_logo_1.png

デザインポリシー: 協力 リードアーティスト ラジ・ナッタム

必要なのはハンマーだ、手術用のメスではない
懐古的なデザイン
"Hakke (ハッケ)"が目指すのはスリリングなフォルムではない、スリリングな機能だ
ハッケの武器は人民のために存在する





戦略的分析: 協力 サンドボックスデザイナー ジョン・ワインズニュースキー

フィールドで戦う戦士のために信頼できるツールを作るため、ハッケは複雑さよりもシンプルさを大切に、優美なデザインよりも機能を第一としています。ハッケの武器は育成の基本を大切にしていて、他の鋳造所の武器のように、ベースとなるステータスに突出した高低差がありません。
ハッケのスキル配置を見ると、武器に最適なシンプルなスコープ一式、次の列にはフロントロード式、そして最後の列はステータス向上のスキルが並んでいることがわかる。
ハッケのスキルオプションは、攻撃的アクションと戦術に特化しているのだ。
ハッケのパルスライフルは、4点バースト射撃が可能だが、そのDPS(時間あたりのダメージ)は3点バーストと同じだ。
パルス弾1つ1つの攻撃力は低いものの、バースト単位では同等ということで、これはつまり弾の発射間隔が少し短いということなのだ。


|AUTO RIFLE (オートライフル)

hakke_autorifle_render_small_1.jpg hakke_autorifle_game_small_1.jpg
コンセプト: ジェシ・ヴァン・ディーク
3Dモデル: ラジ・ナッタム


|SHOTGUN (ショットガン)

hakke_shotgun_render_small_1.jpg hakke_shotgun_game_small_1.jpg
コンセプト: エイドリアン・マジクルザック
3Dモデル: ラジ・ナッタム


|PULSE RIFLE (パルスライフル)

hakke_pulse_render_small_1.jpg hakke_pulse_game_small_1.jpg
コンセプト: エイドリアン・マジクルザック
3Dモデル: マーク・ヴァン・ハイツマ




未来は私達が作る

omolon_logo_1.png

デザインポリシー: 協力 リードアーティスト ラジ・ナッタム


実験的機能、効果は保証しない
不確実なテクノロジー搭載
マッドサイエンティストと先進的なプロダクトエンジニアの技術の結晶
液晶弾薬ディスプレイとオモロンパワーセルの品質は保証済み
"Omolon (オモロン)"製品は未来を先取りする





戦略分析: 協力 サンドボックスデザイナー ジョン・ワインズニュースキー

エネルギー武器のパイオニア、オモロン社は錯綜する武器の世界に実験的な試みを導入しました。
人間工学を用いたフレームを持つオモロンの武器は、どれも扱いやすさを基本として設計されています。
オモロンのタレントツリーは、ステータスのカスタマイズよりも武器の成長に重点を置いています。


|SCOUT RIFLE (スカウトライフル)

omolon_scout_render_small_1.jpg omolon_scout_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マット・リッチー


|HAND CANNON (ハンドキャノン)

omolon_handcannon_render_small_1.jpg omolon_handcannon_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マット・リッチー


|SNIPER RIFLE (スナイパーライフル)

omolon_sniper_render_small_1.jpg omolon_sniper_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マット・リッチー




暴虐性の裏に隠し持ったエレガンス

suros_logo_1.png


デザインポリシー: 協力 リードアーティスト ラジ・ナッタム


これは私の剣
フォルムが天性のものであることは言うまでもなく、機能性に満ちている
磨き上げられた精密なデザイン
あらゆる曲線、直線、そして小さな溝までもがスロスの哲学を物語る
暴虐性の内に秘めたエレガンス、それがスロス


戦略分析: 協力 サンドボックスデザイナー ジョン・ワインズニュースキー

ガーディアンにとって最高の武器は、思うままにカスタマイズできるものだという意見があります。
スロスは様々な戦闘状況に応じて作り変えることができること、つまりオプションを大切にしています。
スロスのタレントツリーは2種類のステータススキルに分かれていて、ステータスの変更には、他の武器工場製品よりも豊富なオプションが用意されています。
タレントツリーの中心に置かれている、武器の核となるポテンシャルを示すスキルは一つですが。
範囲攻撃よりもCQ、あるいは威力よりも敏捷性、一撃の大きさよりも扱いやすさ等、状況に応じて機能性を変更したいプレイヤーにスロスの武器は最適です。


|AUTO RIFLE (オートライフル)

suros_autorifle_render_small_1.jpg suros_autorifle_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マーク・ヴァン・ハイツマ


|SCOUT RIFLE (スカウトライフル)

suros_scout_render_small_1.jpg suros_scout_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マット・リッチー


|ROCKET LAUNCHER (ロケットランチャー)

suros_rocket_render_small_1.jpg suros_rocket_game_small_1.jpg
コンセプト: ジョセフ・クロス
3Dモデル: マーク・ヴァン・ハイツマ


今回の調査ではハッケとオモロン、そしてスロスが提供する製品ラインの全てはカバーされていない。
今後、"宿られた(Taken)"軍勢との戦いの発展にともない、数多くの兵器カテゴリーを紹介していこう。
これらのモデルは、諸君のガーディアンが実際に装備する際には無数のオプションを持つことになる。


タワーにおける武装の選択肢は、これまでになく広がることだろう。
派閥は、それぞれ独自の銃を得ることになる。種族にも独自の銃が与えられる。特定の銃を目的とするクエストも増加する。銃器技師すらも諸君を勧誘しようとするだろう。
新たな勢力に諸君が襲われる前に、これらの情報を伝えて行くことにする。


ガーディアン諸君、一旦落ち着いてくれたまえ。



位置について! 用意! 作れ!


これまで我々の作品を紹介してきたが、今度はあなた方の作品を見てみたい。


Bungieデーに、私達は『Destiny』一周年を記念する動画を公開した。
コミュニティ界隈を見渡すと、素晴らしいことにクリエイター心を持っているのは私達だけではないということがわかる。
『Destiny』プレイヤーの中には、自分自身を表現するステージとしてゲームを利用する人々もいて、私達はそんなショウが大好きだ。
だから、『Destiny』1年目のアートコンテストの応募には2週間の猶予を設けた。


このコンテストは今始まる。諸君も一周年を祝い、素晴らしいコミュニティアートを楽しむこのイベントに是非参加してほしい。
詳しくはここを見てくれたまえ!


"『Destiny』の1年目で、一番好きだったことは何?"

creations_page.jpg


コンテストの詳細:

  • CREATIONS(作品)のページへ外部リンクを投稿してください
  • 自分自身の作品をアップロードするか、好きなアーティストを評価してください
  • URLは短縮形を使わないでください - 例えば:
    • http://i.imgur.com/gLR0nVp.jpg
    • https://www.youtube.com/watch?v=8XLa2kEz2m4
  • 幅は1920ピクセル以内に収めてください
  • Bungieによって承認されたエントリー作品のみが掲載されます
  • コンテストの参加者に「光」を与えることで評価に参加することができます
  • 人気を集めてトップになった作品にはBungieから表彰されます
  • 勝者は次回のBungie週刊ニュースで発表します!


7名のクリエイターに、Collector's Editions of Destiny: The Taken Kingが贈られます。


50名のクリエイターに、シェーダーBlacksmithが贈られます。


愛するゲームから刺激を受けたアートをシェアできる私達もまた、全員が勝者と言えるだろう。



公式に選択されたマップ


今週のオシリスの試練で、どのマップがフィーチャーされるか知りたいだろう?

trials_sched.jpg


答えは、「全て」だ。


シニアデザイナーデレク・キャロルが、ローテーションの頻度を変更してみたら面白いのではないかと思いついたらしい。

これまでがどうだったかは、皆さんもよくご存じだと思います。オシリスの試練の戦闘アリーナとして、毎週の開催期間を通して1つのマップが選ばれ、そのチョイスに皆さんはワクワクしていました。

今週だけは、オシリスの試練のマップ選択をサバイバルと同じように「ランダム」にします。
皆さんが週末を過ごすマップは、オシリスの試練の6つとなります。


よく見てほしい。それぞれのマップの危険なゾーンが赤で表示されている。そこは諸君が頻繁に戦ったり得点を稼いだりするエリアだ。
レッドゾーンでのキャンプはやめた方が良いだろう。もしも、やるならば、賢い判断力が必要だ。


リストアップされたマップをアルファベット順に並べてみた。
試練に参加する諸君は、いずれ全てのマップに出会うことになると思うのだが......。

ToO_Black-Shield_1.jpg
Black Shield (ブラックシールド)


ToO_Burning-Shrine_1.jpg
Pantheon (パンテオン)


ToO_The-Cauldron_1.jpg
The Cauldron (コルドロン)


ToO_Thieves-Den_1.jpg
Thieves' Den (シーブズ・デン)


ToO_Widows-Court_1.jpg
Widow's Court (ウィドーズコート)


廻りながら進んで行こう。誰がこの道順を切り進んで行ったのだろう。
そして、諸君に与える試練として、これらが最適だと誰が選んだのだろう。


今週は実験的な試みをしている。諸君にも言いたいことがあると思うが、ここで伝えてほしい。
私達はいつも、諸君の声に耳を傾けている。



ちょっとしたお礼を......


諸君のEメールアドレスが知りたい。


「えええ? 何で?」と、諸君は問うだろう。


心配はいらない。私達は諸君が好きだ。理由はそれだけで充分ではないか?
他人に渡すようなことはしないと約束しよう。


もしも教えてくれたなら、「奇妙なコイン」を9枚贈ろう。
すでに知らせてくれている諸君も、奇妙なコインを9枚手に入れることができる。


手順は以下のとおり:

  • Bungie.netのプロフィールページを開く
  • 設定にアクセスする
  • 通知とEメールを選択する
  • スクロールして現れる画面が以下のとおりになっているか確認する:

    email_settings2.jpg


コインは金曜日に一括して付与される。
私達からのささやかな贈り物の恩恵に預かれるのは、8月30日(太平洋時間)までだ。


(注意: Eメールアドレスの登録はBungie.netへ登録するものであり、ソニー・コンピュータエンタテインメントは関与しておりません。ご登録については、Bungie.netの利用規約をご確認ください)



鉄は熱い内に直せ


私達は、オリックスが太陽系に侵入する前に、『Destiny』アップデート2.0の全てを諸君に伝えるつもりだ。


『Destiny』臨時修正 1.2.0.5は先行して行われる。私は、これは来月に行われると聞いていた。
その内容は以下のとおりだ。

  • ネパールのデジタルリワード
    • Aid of Nepal Campaignのサポーターであるガーディアンが対象
    • シェーダーとエンブレムのコードはEメールで送付される

  • ピット・ハスクの修正
    • ピット・ハスクはクロタブレードでもドロップするようになる
    • コスモドロームの「クロタフィスト」に参加する
    • ドロップレートを上昇させた


いつもながら、諸君の協力に感謝したい。私達は諸君のおかげで不具合を追い詰め、新しい不具合を見つけ出して撲滅することができるのだ。
新たな展開があり次第、諸君にお伝えしていくことにする。



健康のエキスパート

whats_up_doc.png


戦地での活動を愛する皆さんは、衛生兵の大切さをご存知でしょう。『Destiny』プレイヤーサポートの面々についても、同様の思いを抱いていただければと思います。
助けが必要? 彼等は準備万端だ。

DPS: Helpフォーラムに常駐してくださっているガーディアンの皆さん、ありがとうございます。おかげで、ピット・ハスクが正常にドロップしていない問題に気づくことができました。
こちらの問題についてはヘルプ記事をご確認ください。

見つけにくいゴールドチェストを探し出したり、エルダーズ・プリズンでスコラスに勝利したりして勝利の瞬間を獲得した場合、獲得したキャラクターと関連付けられているか確認することが必要です。
勝利の瞬間を獲得したキャラクターを削除すると、そのキャラクターが成し遂げた成績も削除されます。
また、勝利の瞬間はゲーム機の環境の違い(XboxまたはPlayStation)にも左右されます。両方のゲーム機でエンブレムを獲得するには、両方の環境で勝利の瞬間を獲得する必要があります。

例えば、"トレジャーハンター"に相当する勝利の瞬間を獲得して、そのキャラクターを削除したとします。これらの成果は無効となり、期限が来るとエンブレムを獲得することはできません。
エンブレムを獲得するため、これまで頑張ってきた経験を無駄にしないためにも、キャラクターの削除は慎重に行ってください。

最後に、リセットが行われる前に週間イベントを終わらせるようお願いします。
リセットが行われている間に週間イベントをプレイすると、完了したリワードを入手することができません。
週間イベントのリセットは、UTCで毎週火曜日の午前9時、太平洋時間では午前2時に行われます。
(訳注: 日本時間だと毎週火曜日の午後6時です)
詳しくは、週間イベントのヘルプ記事をご覧ください。

皆さん、頑張ってください。


以上、サポートチームからの声をお届けしました!



エンドクレジット

movie_of_the_week_JP.gif


Cozmoです。今週も#MOTWに、素晴らしい投稿をいただき、ありがとうございます。
作品を投稿した瞬間から、皆さんは友人達に自慢したり、羨望の的になったりするチャンスがあるのです。
例えば、今回こんなサイトも用意しました。


勝者: Kyleによる伝説級のコメント

[注意: 激しいチャットの応酬が繰り広げられるため、職場で閲覧する際はご注意を]


特別賞: 速っ!


特別賞: レトロな8ビットのサウンドエフェクトとミュージックがグラフィックにマッチ


さて、私はこれから新設された作品ページでクリエイティブな作品を探しに行きます。
これからは私達が優れた作品を紹介するのを待たなくても良いですよ。



クリエイティブな作品のフェスティバルが予定されていて、諸君もその審査員になることができる。
詳しくはこちらを見てくれたまえ。


来週、私達はドレッドノートを偵察する予定だ。
その翌週は、ドイツ探索に出かける予定。今週掲載した英雄達の画像は、どれもgamescomで使用する予定だ。
もしも諸君がgamescomのPlayStationブースに来てくれたら、実際に試遊することが可能だ。


Bis bald! (ドイツ語で「それでは、また会おう!」)


DeeJ, out.



情報元:
Destiny プレイヤーズインフォメーション:【翻訳版】Bungie Weekly Update - 07/23/2015