Top > Bungie週刊ニュース - 2015年6月11日

Bungie週刊ニュース - 2015年6月11日
HTML ConvertTime 1.891 sec.

Bungie週刊ニュース - 2015年6月11日 - いよいよ出発だ Edit

※この記事は、「Bungie.net」のNEWSページに公開されている記事を、ソニー・コンピュータエンタテインメントのコミュニティチームが翻訳したものです。Bungie.netにて公式に公開されたものとは一部の翻訳が若干異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。
ーレリアナ7


header_blog0611-thumb-570x286-2429.jpg


今週のBungieは荷造りの真最中だ。私達は出発する! もう二度と彼等の顔を見ることはないだろう。
と、言ってもそれはE3までの話。諸君がこの記事を読んでいる間、私達の派遣チームは準備を進めている。私達の宝の箱はすでに運び出されている。


目的地は、ロサンゼルスだ。この荷物を積み荷に加えた時の会話を想像してみよう......。

cautioncrate_1.jpg


「えーっと、この荷物には『注意 爆薬弾』と書かれていますが、これ、全く安全なんです。X線検査にかけてもらえば、これはジョークだってわかってもらえると思います。全く危険はないので信じてもらえますか?」


「箱の中身は何?」と、諸君は思うだろう。


この箱の中身を含め、その他にもサプライズがE3に向けて旅立っている。E3の舞台で披露する瞬間が待ち遠しい。
E3での発表にあれこれ思いをはせる諸君には、『Destiny』から気になるニュースをお届けしよう。



エルダーズ・プリズンより


22日前、バリクスはガーディアン諸君を試すためにエルダーズ・プリズンへと招待した。
その間、378,511のファイアチームがスコラスに対して勝利を収めた。その他大勢は挑戦したが負けて、負けて、負けまくって、何もゲットすることなく戻されてしまった。


この戦いに参加した者は、誰もがバリクスの監獄で大部分の時を過ごしたことだろう。

skolas_cell_3.jpg


逃亡者スコラスがなかなか見つからずにイライラしているのは諸君だけではない。
アリーナレベル35でのエンカウントの修正がテスト中で、臨時修正1.2.0.3での導入を目指しているところだ。


この修正の導入はE3が終わってからになるが心配はいらない。Bungieでは諸君のプレイに必要とあれば、いつでも誰かが対応に取り組んでいる。いつものように、間もなく臨時修正の内容も発表される。
諸君の戦略に役立てるよう、今回もクリエイティブ・ディレクターのクリストファー・バレットに、その詳細を語ってもらおう。

skolas_blog_1.jpg


監獄への扉が開かれたわけだけれど、君達の部署でのスコラスとのエンカウントに対する評価はどのようなものだったのかな?

CB: 私達は、この仕上がりに満足していました。これまでにない内容でプレイヤーの興味をそそり、やりがいのあるシステムだと思っていました。それでもなお、まだまだ改良の余地があるとは考えていました。

まず、各属性のバーン(例えば、アークバーンやソーラーバーンなど)は、設定が厳しすぎました。
これによって、ソーラーバーン頼みのギャラルホルン3丁を揃えるといった、戦略が一辺倒になる傾向が生まれてしまったのです。
また、週替りの難易度の差が激しすぎて、プレイ時間の平均値が予想したよりも長くなってしまいました。


スコラスとのエンカウントを見直そうと思ったのは、何がきっかけなのかな?

CB: プレイ体験の積み重ねです! コミュニティからのフィードバックはとても大切です。
RedditやBungie.net、ファンサイト、そしてソーシャルメディアからいただくプレイヤーからの反響は私達にとって貴重な資源だと思います。


では、今回はどのように対応するのかな?

CB: 私達の理想としては、スコラスとのエンカウントを、やりがいがあってチームワークを必要とするものにしたいのですが、半端な仕上がりにはしたくありません。
そのため、スコラスとの戦いに以下の変更を加えます。

・戦闘条件に新たな組み合わせを導入(アーク、ボイド、ソーラーバーンは除外される)
・ボスの体力を削減(バーンダメージ削減との相殺)
・敵の発生間隔はボスの体力に依存するようになる
・敵の襲撃(ウェーブ)に小規模の調整が行われる


終身刑を言い渡されたスコラスの刑期は短くなりそうだ。
彼にもっと戦うチャンスを与えるため、諸君にも機会が与えられる。来週、ラストボスとの戦闘に変化が訪れる。ぜひとも、その戦いに身を投じて感想を伝えてほしい。


私達はいつも、諸君の声に耳を傾け、諸君のプレイに注目している。そして、私達も同じようにプレイを続けている。



はやく戻ってきて欲しい


「ハウス・オブ・ウルブズ」リリースの直前、「接続復旧」という新機能を紹介した。
ゲームから切断されてしまう現象を防ぐため、どのような対策が取られているか、この記事をチェックしてほしい。


現時点で、オービットに蹴り出されることをまぬがれたガーディアンの数は1,419,600件にのぼる。これは驚くべき結果だ。これからの活用に繋げて行きたいと思うので、今後も期待してほしい。


reconnect2.jpg


この機能が効果を発揮するまでに、時間を要するかも知れないが、被害に対して行動を起こすことが最大の防御につながる。


問題が解決した事例があれば、ぜひともフォーラムで教えてほしい。



その名はBNGHelp

whats_up_doc.png


ゲーム関連の情報に詳しい#Helpフォーラムから、『Destiny』プレイヤーサポートに新たなレポートが届いた。

DPS: ここ一週間、クルーシブルとパトロール、レイドにおいて「接続復旧」が発動されました。
これによってガーディアン達はオービットに戻されることなく戦闘を続けることが可能で、エラーコードを受け取ることがなかったと思います。
この件については接続復旧のヘルプを参照してください。

エルダーズ・プリズンのアリーナレベル35を完了したものの、シップを入手できなかった問題については私達も認識しています。
その問題については、現在鋭意調査中です。

念のためにお知らせします。武器の鍛え直しをすると、強化に使われたエセリック・ライトも同時に失われます。
強化に使われたエセリック・ライトが所持品に戻ることはありません。


プレイ中に遭遇した疑問やリワードに対する質問に関しては、ここから伝えてほしい。



情報元: